夫婦でブログ起業

夫婦でブログを使って起業する。場所や時間、常識から解放された自由なライフスタイルを発信します。

子供の頃の楽しさを、大人になっても無くさないって難しい

オレだ!

超愛妻家で、ヒモブロガーのヨメガスキーです。

 

f:id:yome-love:20170517181830j:plain

退職して時間が余りまくってると、いろんな事を考えてしまう。

『子供の頃って、何で意味もないような事を全力で楽しめたのか?』

この問いが、幸せの重要なキーワードになるような気がする。

 

 

 

僕は大人になって、心から楽しいと思う事が極端に減った

 

大人になってから、本当に楽しいと感じる事が少なくなった。

音楽が一番分かりやすい。

 

子供のころは、新しい歌をたくさん聞いた。

『GLAYの新曲が出た!』ってなったら、速攻で聞きたくなったもんなぁ。

友達が『山嵐聴いてみ!』って言えば、素直に興味を持って聴いてみた。

 

今は新しい歌を聞きたいと思えない。

やっかいなのは、『何か新しい歌を聴きたい』とは思ってること。

でも、自分に合う音楽を探すほどのパワーがない。

だから音楽に関しては、高校生くらいの時から時代が止まったまま。

 

大人になると素直に楽しむ事が出来ない理由

 

子供の時にはできて、大人にはできない。

その理由を考えてみよう。

経験値が上がって、先を予測するから

僕の場合、これがデカいように感じる。

何かをやろうとか、どこかへ行こうと思っても、先を予測して分かった気になってしまう。

 

子供のころよりは経験した事が増えたから、新鮮味ってのが少なくなったんだろうね。

予測がつく事は、面白くない。

 

物事に意味を求めてしまうから

『鬼ごっこ』に意味なんて無かったはず。

大人になった今だと、例えば『健康増進のため』とか『友達とのコミュニケーション』だとかの意味を求めてしまう。

 

だから、ゲームもほとんどやらなくなった。

『クリアして何の意味があるのか?』を考えてしまう。

子供のころは、寝ずにドラクエのレベル上げしてたんだけどね。

ミニ四駆の肉抜きとかも、最高だった。

 

楽しむより先に、やらなければならない義務がある

これは、ちょっと微妙なんだけど。

子供のころも、学校や塾に行ったり、家の手伝いだったり義務的な事もあったから。

ただ大人になると、その比重は大きくなるからかな。

 

利害関係のない友人が減るから

利害関係の全くない友人を作るのが、子供のころよりハードルが高くなる。

無理に作る物でもないし、なかなか難しい。

仕事や家庭を持つと、時間が合わないのも原因。

 

どうすれば子供の頃のように楽しめるのか?

 

自分の中でもハッキリと答えは出てないんだけど、いくつか心がけてる事を書いてみる。

 

誘われたら断らない

子供や嫁さんが『あそこに行きたいなぁ』とかって言ったら、自分が興味なくても断らずに行ってみる。

とりあえず何でもいいから動いてみる事が、新しい興味を見つけるキッカケになったりするからね。

後は自分で興味を持てないんだから、他人の興味に乗っかる作戦!

そういえば、子供にせがまれて買った『寿司ゲーム』が楽しかった。

 

 

小さな欲求を大切にする

 『◯◯のラーメン食べたい』とか、『急にスラムダンク読み返したくなった』みたいな、クソのような欲求を大切にしてる。

小さな欲求を無視して殺してしまうと、本当に行動力が無くなるんだよね。

『無駄な事を大切に』が標語だ!

 

運動をする

身体を動かす事は、心にも影響する。

子供のころは、学校行くのも友達と遊ぶのも、身体を動かしてたでしょ。

劇的に変わるわけではないけど、身体を動かした後は心が軽くなってる。

散歩、筋トレ、ストレッチを適当に実践中。

 

楽しもうと頑張らない

逆説的だけど、楽しもうと頑張らない。

やってみて合わなかったら、次からやらないだけ。

フットワークを軽くするためにも、頭で考えない事も大切。

『考えるな、感じろ』の名言を肝に命じよう!

 

まとめ

 

『無職になったらバラ色だぜ!』って思ってたけど、以外と『やりたい事』がない。

これが精神的にキツく感じる事があって、こんな記事を書いてみました。

死ぬほどハマれる物が欲しいなー。

 

以上!

「子供の頃の楽しさを、大人になっても無くさないって難しい」でした。