読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でブログ起業

夫婦でブログを使って起業する。場所や時間、常識から解放された自由なライフスタイルを発信します。

元嫁から言われた暴言を公開する!夫婦の絆を壊す方法

夫婦生活

オレだ!

元シングルファザーの、ヨメガスキーです。

 

f:id:yome-love:20170223205933j:plain

僕が離婚する前に、元嫁に言われた暴言を紹介します。

良い妻は、半面教師にして旦那さんを大切にしてください(笑)

 

 

「本当ハズレクジ引いたわ~」

 

よく言われてました。

「本当ハズレクジ引いたわ~、くじ運悪いわ」みたいな感じで。

自分でも大当たりのクジとは思ってないけど、こんなにキッパリ言われると、心に刺さる物がありますね(笑)

 

「家におらん方が楽」

 

同じ事を言われてる旦那さんも、けっこう多いんじゃないかな?

「亭主元気で留守が良い」ってやつですね。

もはや自分の、存在意義が分からなくなります。

 

「邪魔だから、あっちいって」

 

家事をしてた時に言われました。

機嫌が良いときは「じゃあ、お願い!」って感じだったんですけどね。

「邪魔」って言葉は、ダメージでかいです。

 

「朝ごはんくらい自分で用意して」

 

朝食は元妻が用意してくれてたんですが、僕のだけ自分で用意する事になりました。

それは良いんですよ。

朝は忙がしいから、自分で用意するのはね。

でも言い方ってのがあって、「朝は忙がしいから、朝食は実際に用意してくれたら助かるな」みたいに言って欲しかったですね。

 

「はぁぁぁ?」

 

言葉ってゆーか、返事ですね。

僕が何か言った時に、「はぁぁぁ?」って言ってから

話を始めてました。

 

最初から否定する態度が、腹立たしく悲しく感じてました。

だんだんと、自分の意見も言えなくなってくるんですよね。

 

旦那さんを否定する言葉を減らしてください

 

旦那からのお願いです!

一緒に生活してれば、イラっとする事もあります。

面倒くさい時もあるし、何度言っても分かってくれない事もあると思います。

 

それでも一呼吸おいて、言葉を考えてください。

一呼吸おくだけで、かける言葉を変えられます。

 

今回は元嫁の暴言を紹介しましたが、僕も相手を傷つける言葉を使っていました。

言葉には、力があるんですよね。

今この瞬間から、言葉の力を良い方向に使って、ラブラブ夫婦を続けましょう!

 

以上!

反省だけではなく、行動も変えてるヨメガスキーでした。