読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でブログ起業

夫婦でブログを使って起業する。場所や時間、常識から解放された自由なライフスタイルを発信します。

死別経験者との恋愛(結婚)したオレが本音で辛さをぶちまける

オレだ!

ヨメガスキーです。

 

今日はちょっと重いテーマになります。

オレの嫁は、元カレと死別してます。

死別経験者の嫁と、付き合って結婚して、今に至るまでの苦悩の話です。

ちなみに死別の理由は、自殺です。

 

 

初めて聞いた時は、ただだだ嫁がかわいそうに思った

付き合って二ヶ月ほどの頃に、元カレと死別した事を打ち明けてくれました。後で書きますが、早い段階で言ってくれたのが、僕の大きな救いになってます。

 

初めて死別と聞いた時、自然と涙が出てきました。辛い思いをした嫁の気持ちと、自分の心がリンクしたような。不思議な感情でした。

この時はまだ、自分が苦悩する事を想像もしてなかった。

過去にひどく傷ついた嫁を、こらから絶対に大切にしようと決意した事を覚えてます。 

 

突然やってきた死別の重み

もうハッキリとは覚えてないんですが、初めて話を聞いてから数ヶ月たってから、突然に辛さを感じ始めました。

しばらくは不眠症で、寝ても覚めても「死別した元カレ」が頭から離れない状態が続きました。

 

初めにわいてきた感情は、自殺という形で僕の最愛の人を深く傷つけた、元カレへの怒り。

嫁は元カレが自殺した次の日に、後を追いたくて自殺未遂をしたそうです。

自分の最愛の人が、死にたくなるほどの辛さを与えた。それが許せなくて、頭がおかしくなるほど腹が立ちました。

 

元カレの自殺は遺書もなく、ハッキリと自殺した原因ら分からないそうです。悩みもあったんだろうし、死ななきゃいけないほどの何かがあった事は分かります。

それでも、自分だけが楽になって、自分勝手すぎるだろ?って。

 

それと同時に死んでくれたから、自分が嫁と出会えた事に、正直喜びの感情も出てきました。

ちなみに、この記事に書いてる事は、全て嫁に話してます。

理由はどうあれ、死んだ人間に「死んでくれた事に感謝」してしまう。そんな自分が腐ってるようで、強い自己嫌悪のスパイラルから抜け出せなくなったり。

ただでさえ、オレはシングルファザーで、嫁に引け目を感じていたのに。

 

さらに、こんなクソでゲスい自分といるより、元カレといた方が嫁は幸せだったんじゃないか?

元カレが自殺してない世界があったとしたら、それが一番の嫁の幸せ?

オレは元カレを永遠にこえられない?

オレの事も好きだけど、元カレの事も好き?

好きな人が二人いるのか?

 

もともと僕は、嫉妬深い性格です。

嫉妬、怒り、悲しみ、絶望。

いろんな感情に押しつぶされそうで、毎日が辛かった。

 

辛いのはオレじゃなくて嫁だ!

辛い、辛いと思ってばかりでしたが、辛い思いをしたのは嫁なんです。

オレの辛さの何倍も辛かったはず。

それなのにオレは、自分の辛さばかり考えて。余計に自己嫌悪しました。

 

この時はまだ、嫁に自分の気持ちを言えてなかった。

デリケートな話だし、触れてはいけないような気がしてました。

死んだ人の事を、それも嫁が本気で愛してた人を悪く思ってる。

嫌われそうで、自分の中でタブーにしてました。

 

もう一つ、嫁に話せなかった理由が、「私のせいで苦しめてる」と思わせたくなかったから。

自殺したのは元カレです。嫁は被害者です。嫁には、何の非もない。

その嫁が自分を責めるような気がして、怖くて話せませんでした。

 

全てぶちまけて話して、元カレの墓参りにも行った

なんとか自分の中に閉じ込めてた気持ちが、限界を超えてしまった。

「元カレの墓に行きたい」

そう嫁に打ち明けました。

墓へ参れば、何かが変わるかもしれない。

根拠はないけど、辛さから逃れたくて、必死に出した答えです。

 

大雨の降る中、お供えの花を買って元カレの墓へ。道中で元カレの話を、いろいろと教えてくれました。

話を聞いて、墓にも参って気持ちは楽になったかと聞かれると、ノーです。

 

嫁の優しさと愛が僕を救ってくれた

今は元カレの事を考えても、大きく心は動きません。こうしてブログに書いてても、穏やかな気持ちでいられます。

 

理由は嫁が、オレを大切にしてくれるから。

溢れんばかりの愛で、オレを包んでくれるからです。

きれい事のようですが、本気です。

 

毎日の生活の中で、いつも愛を感じます。オレの何が好きなのか、サッパリ分からないんですが、気持ち悪いくらいに愛を感じるんです。

 

僕は正直に、自分の気持ちを話しました。

「元カレを墓から引きずり出して殴ってやりたいくらい、腹が立ってる」

「これからも元カレの事で深く落ち込む事もあると思う」

「遺品があるなら捨てて欲しい」

身勝手で、非常識な事ですが、正直(伝えました。

 

遺品については、捨てて欲しい反面、大切な物を奪う事になるような複数な気持ちでした。

オレが捨ててと言う前に、嫁が「もう必要ないものだから捨てる」と言ってくれました。

本当は捨てずに、置いておきたかったのかもしれない。

結果、捨てたんですけどね。

捨てた捨てないより、嫁の気持ちが嬉しくて、心が楽になりました。

 

人として最低な発言をしても、落ち込んでふさぎこんでても、嫁はいつもオレを愛してくれます。

オレはシングルファザーで、嫁は死別経験者。

普通に考えたら問題だらけで、上手くいきそうにない。実際に問題は、いろいろあります。

 

どんなに困難があっても、辛い思いをしても、嫁とは乗り越えていける。

クサイ台詞ですが、愛があれば乗り越えていけます。

好きって気持ちが全て。

嫁と出会って、悩んで泣いて、本気でそう思ってます。

 

死別経験は早めに打ち明けて

これは僕の意見ですが、交際を始めて早い段階で打ち明けた方が良いと思います。

どんな打ち明け方をしても、必ず苦悩しなくてはいけない期間がある。

僕は早い段階で嫁が打ち明けてくれた事で、自分を信頼してくれている、本気で付き合ってくれていると感じました。

 

死別経験がある事自体、黙っていれば分からない。打ち明けるのは、勇気もいるはずです。

嫁が初めて話してくれた時も、すごく緊張してました。死別した事をどう思われるか、とても不安だったそうです。

 

あなたが本気で相手を好きで、相手も本気で好きなら、死別の問題は必ず乗り越えられます。ただ、本気で好きなら、必ず辛さも感じます。

そんな時は、正直に話しましょう。

忘れないで欲しいのは、辛いのは好きだからです。

どうでも良い人なら、辛さなんて感じません。

 

僕は周りに死別経験者との恋愛経験がある知人もなく、一人で悶々としてました。

暗く重い話なので、ブログに書くかも悩んだのですが、死別経験者との恋愛の一つの参考にしてもらえればと思い書きました。

死別経験者との恋愛で悩んでる方、死別経験を伝える事に不安を感じてる方、この記事が少しでも力になれば幸いです 。

 

ココナラで死別経験者との恋愛について、相談を始めました。

同じ悩みを抱えてる方が、少しでも気持ちを楽にしてもらえればと思ってます。

死別経験者との恋愛(結婚)の相談をします 死別経験者と結婚した僕が、実体験からアドバイスいたします  

以上!

「死別経験者との恋愛(結婚)したオレが本音で辛さをぶちまける」でした。