読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦でブログ起業

夫婦でブログを使って起業する。場所や時間、常識から解放された自由なライフスタイルを発信します。

妻の過去に妬嫉してしまう!ヤキモチを止める方法

夫婦生活

嫁ちゃん大好き旦那だ!

オレは嫁ちゃんが好き過ぎて、自分と出会う前の過去にヤキモチを妬いてしまいます。

病的なヤキモチ妬きの オレが、嫉妬を止めるために試行錯誤した事を教えるよ!

 

 

嫉妬は辛い

嫉妬深いやつなら分かると思うけど、マジで辛いよなぁ?オレなんてモヤモヤし過ぎて、運転中にガチの吐き気がした事もある。

コンビニの駐車場で、嫉妬で吐くとかね。本当に病的に、ヤキモチ妬きなんです。

 

嫉妬自体も辛いんだけど、嫉妬してる自分がイヤになる。

器が小さい自分が嫌で、自己嫌悪ばかり。

女々しい自分が情けなくて、相手にも申し訳ない気持ちも強くなる。

それでも、なかなか抑えられないのが嫉妬。

なんとかヤキモチを止める方法はないかと、真剣に悩んでました。

正確には今も嫉妬で悩んでますが、少しコントロール出来るようになったので、その方法を紹介します。

 

妻の過去を聞く

 

過去の事は知らない方が良い!、みたいな事を言う人が多いです。

「知った所で過去は変わらない」

「過去を知っても辛いだけ」

 

はぁ??

そんな風に割りきれたら、苦労しねーんだよ!!!!

 

過去に何人の男と付き合ったのか?

元カレはどんな男だったのか?

どこに行って、どんな事をしたのか?

誕生日やクリスマスのプレゼントは何をもらったのか?

イケメンだったの?背は高かったの?

 

気になることが、山のように出てくるんですよ。

頭では理解出来てるんですよ。知った所で、どうなるわけでもない。

知ればよけいに、辛くなるかもしれない。

それでも感情は、知りたい!と叫び狂うんです。

(嫉妬が強かった時を思い出したら、吐き気がしてくる)

 

分からない事が一番の苦痛

どんな男だったのか?

どれくらい付き合ったのか?

どんなデートをしてたのか?

 

自分の中で、勝手にイメージを膨らませては凹む。

分からない事でモヤモヤするのが、一番の苦痛でした。

知ることで、よけい辛くなるかもしれない。

でも知らないで、モヤモヤするのも辛い。

どうせ同じように辛いなら、聞いた方がマシな気がしてきたんです。

一人で頭のなかで戦っても、何も前に進まない。

そらなら、今より辛くなるかもしれないけど、聞くことで何かが変わるかもしれない可能性に賭けました。

最悪の場合、嫌われてフラレるかもしれない恐怖も感じてました。それでも嫉妬とモヤモヤが辛くてどうにかしたかった。

 

素直に自分の気持ちを話そう

 

オレは嫁ちゃんの、過去の男に嫉妬している。

どんな男と付き合ってきたのか?

何人と付き合ったのか?

どんな感じの人だったのか?

過去は変えられないし、過去があって現在の嫁ちゃんがいる事も分かってる。

それでも過去の事を知って、モヤモヤしてる気持ちを解消したい。

嫁ちゃんの過去を、オレに教えてください。

 

嫉妬してる自分が恥ずかしい。

嫉妬深くて嫌われるかも?

情けなさと恐怖もありましたが、素直に自分の気持ちを伝えました。

嫁ちゃんも、僕が知りたい事を話してくれました。

 

キツかったです。

覚悟はしてたし、だいたいは想像が付く。

それでも実際に過去の事を聞くと、涙が出てきました。

しばらくは、頭の中が聞いた話でいっぱいです。

悪夢も見ました。嫁ちゃんが過去の彼氏と、仲良くしてる姿です。

 

それでも、やっぱり聞いてよかった。

今は心から、そう思ってます。

自分の気持ちを、ちゃんと話せたから。

やっぱり気持ちを伝えると、心は軽くなりますね。

そして何より大きいのが

 

ちゃんと話してくれたから

嫉妬してる事を受け入れてくれて、知りたい事を全部話してくれました。

プレゼントは元カレと被らないように、今までとは違った物にしようとか。

小さな事にも、気を配ってくれてます。

 

嫁ちゃんも、僕の過去に嫉妬している。

そんな話もしてくれました。

お互いに、ヤキモチ妬きだったみたいです。

「次に生まれてきたら、もっと早く会おう」って、けっこう本気で言ってます。

 

心の中を吐き出すことで、タブーが無くなりました。

何でも話せる仲ってやつです。

いまだに、過去の事に嫉妬する事はあります。

それでも一人でモンモンとせず、すぐに伝えられるようになりました。

 

 

妻(夫)の過去が知りたい。

過去に嫉妬してしまう。

もし悩んでるなら、素直に聞いてみましょう。

自分の気持ちを伝えましょう。

きっと、今より楽になるはず!

 

以上!

「妻の過去に妬嫉してしまう!ヤキモチを止める方法」でした。